• 望月伸彦

ESL CUP の運営 2

こんにちは

PCCS代表の望月伸彦です。


前回の続きとなります。ESL CUPの運営


出場チームの公募で53チームの出場が決まったのが大会の2日前。

APEXなので1ゲームが最大20チームです。

予選を3回行い決勝戦を行う流れとしました。

各チームの代表者を大会運営用Discordに招待し連絡をいたします。


今回も、出場者の皆様がとても協力的でスムーズな運営ができたことに感謝いたします。


当日までのキャンセルや、トラブルなどの対処方法など事前に想定しながら当日は柴田を中心に山岸と二人で行いました。


技術面では、カメラスイッチャー、音声(+音効)、OBSでの送出、ゲーム内カメラマン、テロップ出しを3名で担当。

進行を2名

合計7名のスタッフで行いました。


ESL CUPの方向性として、私は楽しい大会にしたいと思っています。

出場していただいている方は、ガチでゲームをして頂き配信はゆるめで楽しく。


そのような配信を目指し人選をしていきます。

出演者の交渉は、まっけろぃさんに実況をお願いしました。eSS Northern Forceの所属であり東京でもお世話になっております。

進行はCrest Gamingの天音利梛さん。弊社では安心してお願いできる方です。今回もお忙しい中予定を開けていただきありがとうございます。

天音利梛さんのチームも参加することで、同じアイドルグループの星野みおさんにもお越しいただき華やかな配信になりました。


中継先のエイム暴れん坊将軍 春陽さんチームもガチで参加いただき盛り上げていただきました。


視点切り替えについては厳しいコメントもいただいており、改善をしてまいりたいと思います。

やはり難しいのは、各チームを平等に配信することができない。また、初心者を含め多くの人にわかりやすく見ていただくために、視点の切り替え回数を少なめに設定しております。また、APEXのアップデート直後でカスタムマッチの管理者視点操作の一部が利用できず、ゲーム内カメラマンの操作が険しかったようです。

出演者が出場するゲームは実況をしながら参加するため、出演者視点を中心に配信することになります。(他の視点が見えてしまうと。。。)

この点は、ご理解いただければと思います。


今後のESL CUPは各方面とコラボが始まりパワーアップしていきます。

次回もご期待ください!




皆様のご参加をお待ちしております。

43回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新しい挑戦

こんにちは PCCS代表の望月伸彦です。 PCCSでは来年の夏に向けて新たな挑戦となる計画を立てて動き始めました。 6月よりスタートしてまいります。 全国のeスポーツ施設と共にeスポーツのすそ野を広げ健全な発展を目標にします。 その一つがアンバサダーの起用です。 各施設との交流など「今」できることから進めたいと思います。 昨日は、アンバサダーと今後の活動について打ち合わせを行いました。 2名が決定