• 望月伸彦

esportsも人間味が無いとつまらない

こんばんは

株式会社TechnoBlood eSports 新会社設立おめでとうございます。

森島社長、esportsを盛り上げるために頑張っていきましょう!


先日、京都のサンガスタジアム内

e-SPORTS ZONE サンガスタジアム by KYOCERA

こけら落とし大会を観せて頂きました

ロケリの決勝、とても面白い大会でした。

高校生のテクニックあなどれない。。。


ロケリはラジコンカー(のような車)で行うサッカーのような競技

サンガスタジアムには合いますね!


実は操作がとても難しいゲームです。

1チーム3人で戦うのですが連係プレーやファインセーブなど本当に練習の成果が出ます。

会場には、esportsにあまり係わったことのない方もたくさんいらっしゃいました。


それでも本当に盛り上がって、歓声や拍手が自然と沸き上がりとても熱い空間。


この盛り上がりって、配信でも伝わるのだろうか?

選手も現場の空気感で、テンションが上がったと思います。

選手同士の会話にも熱が入り、それがまた会場を盛り上げます。


嬉しそうな顔。悔しい顔。仮想空間の中で動くラジコンカーを彼らが操っているのを感じるから熱くなれたのだと思います。


ValtaNさんの実況も良かったですね。

その場にいるとダイナミックレンジが違う

初心者にもわかりやすい!さすがでした


配信ではうまく伝わらないんですよね。いくらエフェクトやワイプを使っても!

形式にとらわれず、不格好でも人間味が伝わる配信が出来たらもっとesportsは盛り上がると思う。


人気のあるesportsのYoutubeの中にも、人間味を感じられるものが多いのではないでしょうか。


59回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示