top of page

Interop2023に行ってきました

2023/6/16にInterop2023に行ってきましたので簡単にレポートしたいと思います。 今回はAI、セキュリティー、クラウド管理、監視、Media over IP、WIFI6E(7)といったワードが目立つ気がしました。

ネットワーク機器を中心にいくつか出展社を周ったので、簡単にお話します。


NETGEAR ステアリングメンバーの一員ということもあってか、SDVoEを全面に売り出しているような印象でした。

AV over IP製品やWifi6E対応製品を中心に無線APの比重が多かった印象です。デモンストレーションをされていましたが、この混雑したInterop会場でもWAX630Eに接続した端末はSpeedtest.netで非常に安定した通信ができていました。






YAMAHA

「ギガ越え」を合言葉にしているYAMAHAネットワークさんでは、開発中のルーター、無線AP、スイッチ製品の展示をされていました。

こちらでもSDVoEの展示がありました。YAMAHAさんは協賛企業という立ち位置のようです。

かなり人でごった返していました。

RTX3500の後継になるんじゃないか?とお話されていた10G対応センタールーターの試作機

2.5Gポートを12、14ポート搭載し、10Gポートを4ポート搭載したPoEスイッチの試作機

試作機についてはまだまだ仕様が固まっていないそうで、担当の方は、「とりあえず2.5Gだけでなく10GポートもPoEに対応させられるから対応させた。」とおっしゃられていました。2.5Gのポートを持つ製品をとりあえず出すものの、YAMAHAさんとしても活用方法を探っているとおっしゃられていました。

SFP+も排他利用なのかどうかはまだ固まっていないとのことです。

Wifi6Eに対応した無線APの試作機




SDVoEの展示

左下にあるタッチパネルモニターはコントローラーとなっているノートPCに接続されています。

4台のエンコーダーと4台のデコーダーがありますが、4台とも別のメーカーですが、コントローラーがそれらを制御しています。

中央にSWX3220-16MTがあり、全てを接続しています。


株式会社ソネット

UBIQUITIの無線APやL2スイッチ、ドリームマシン(NVR機能と無線APコントローラー機能内蔵ルーター)を中心に拝見しました。

担当の方に「うんちゃまの配信で見ました」というお話をすると、「何人かそういう方がいらっしゃいまして…」と困惑されていました。

L2スイッチやルーターの脇に液晶ディスプレイがあり、温度やポートごとのVLAN情報の参照や、スマホと連動してARでの接続状況の把握ができたり、無償でのクラウド管理など他社にはない特徴を持っています。

Sikluというのは屋外での長距離無線伝送システムのようでした。60GHz帯で免許不要で取り扱いができるそうです。




TP-Link 他社では見かけなかったのですが、Wi-Fi7を大きく打ち出していました。

新型無線APと集中管理のOmadaの展示、世界最薄の無線APの展示もありました。

防犯カメラ製品、NVRをかなり多く展示されていたのが印象強いです。

併せてPoEスイッチとひっそりとスイッチ製品の展示もありました。









D-Link

スイッチ製品、無線AP製品を展示されていました。

他社だと機器の価格設定を本体価格+クラウド管理機能の価格で設定している事が多いですが、クラウド管理前提で1年3年5年と管理機能を使う年数で設定されているのは特徴的だと感じました。ライセンスが切れた場合は設定はそのままの状態で使えるものの管理ができなくなるとのことです。





BDCOM

中国のネットワーク機器メーカーです。

Aliexpressなんかでは名前を見かけるのですが、国内では販売チャネルが存在しないので日本では手に入りません。

話を聞いてみると、日本に販売店を持ちたいそうですがなかなか見つからず、今回のInteropに参加することにしたとのことでした。

コマンドなども95%Ciscoライクにしているそうで、中国ではジェネリックCiscoのような扱いを受けているそうです。

Shownet

Interopの最大の見どころのShownet

ホールのネットワークはすべてShownetに集約されているそうです。

かなりの人だかりでなかなか写真が撮れませんでしたが18のラックにラッキングされた機器に圧倒されます。

世界初展示のCisco 8608をバックボーンのコアルーターとして使用されています。

PODというものが各ホールに存在しており、各展示ブースからPODへ、PODからShownetへと集約されています。

Interop自体が最新・先端技術の発表・デモンストレーションの場ということもあり、Shownetはその集大成のようなものです。

詳細の解説は様々な記事が出ていますのでそちらに譲ります。

是非一度は現地で感じてみてください。




裏側


構成図

監視や制御を行っているNOCルーム

最新技術や大規模なネットワークを目にする機会はなかなかないのでとても新鮮でした。

来年も時間を作って行けるようにしたいものです。

Comentários


bottom of page