• 望月伸彦

シニア向けのeスポーツ

こんにちは

PCCS代表の望月伸彦です。


4/18のtv asahi サンデーステーションでシニア向けeスポーツの放送がありました。

興味深いですね


リンクはこちら

“91歳”実況系ユーチューバーと「ゲームの未来」


eスポーツが、日本の抱える“高齢化問題”の解決策として注目を集めているのです。

「特に認知症予防とか運動機能向上といったことを目的にeスポーツの導入が盛んに進んできまして、“デジタル薬”という言い方してるんですけど、日本でもそういう認可が始まりまして、様々な研究を開始しております」


シニア世代の施設で、簡単なボール遊びを行っているのを見たことがありますが、これからはeスポーツなのかもしれません。

ネガティブなイメージが先行するビデオゲームですが、あらゆる面で進化が大きく多種多様に展開されています。


今回の放映でも取り上げられております、神戸のISR e-Sports様

なんといっても、シニア向けeスポーツの草分けです!

梨本代表と最初にお会いしたのは2019年6月だったと思います。

始めてお話を頂いたときを今も忘れません。

若者向けのeスポーツ施設もまだ数件だった頃に、高齢化社会の今こそeスポーツの展開を始めるという発想が驚きでした。


弊社でも未知の世界でシニア世代がどのような反応をされるか心配の中オープン。

PCキッティング、ネットワーク、アップデートシステムG-Maを導入させていただきました。


梨本代表の並々ならぬ努力とバイタリティ、そして何よりもシニアへの親和性を作り出すプログラム作りがファンを増やしています。

弊社の担当佐藤と長島も出来る限りご協力させていただいたつもりですが、実際の現場を拝見すると我々の考えはまだまだ浅いと感じております。


今後もISR e-Sports様と共にシニアの皆様にデジタル薬となる内容を提供するご協力させて頂きたいと思っております。


シニア向けeスポーツの事も、弊社にお気軽にお問い合わせください。

98回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示