• 望月伸彦

企業とeスポーツのかかわり方

こんにちは

PCCS代表の望月伸彦です。


弊社に施設ではなく「社内でeスポーツの事業をしたい(または、かかわりたい)のだけど何をすればよいでしょうか」といったご質問を受けることがあります。


「eスポーツ」というワードに力があり広がりがある分野であることが認知されているからです。私も今後まだまだ広がり未来がある分野だと確信しておりますし、実現させるためにPCCSも尽力していきます。

ちょっと話はそれますが、全国に○○eスポーツ協会、連合、など出来すぎていますよね。いずれ「元祖」「本家」とか出てくるのでしょうか。。。(笑)

いろんな思いがあり団体ができると思うのすが、eスポーツ発展があって成り立つのでプレイヤー目線を大事にしたいです。



話は戻って企業のかかわり方ですが、まずはスポンサーから始めるのが一つの方法であり、お勧めいたします。

リスクが少ないのが一番の利点。

小額からスポンサードできる案件も多数あります。契約期間満了でいつでもやめられます。

少なからず、eスポーツ業界の内情を見ることができます。

その結果、御社にマッチしているのか判断ができます。

将来本格的に参入を考えていても、今は焦らなくてまだ大丈夫です。これからたくさんの成功事例が出てきますので。

また、ホームページやSNS等の発信媒体にてeスポーツ事業に参画している事が企業のイメージアップ、求人への影響なども有効になります。


ではスポンサーにはどんな種類があるのでしょうか。

身近なものでは、地元のeスポーツチームやeスポーツ大会への協賛でしょうか。

有名チームにスポンサーするのも良いと思います。金額もそれなりにかかります。

PCCSも東京を拠点とする「Crest Gaming」のスポンサーになっています。

スポンサーになることにより、弊社でもホームページへの掲載やストリーマーの派遣、ユニフォームでの企業ロゴ露出などのメリットを受けています。

また、情報交換も大切な弊社の財産となっております。

弊社からチームの為に資金以外の協力もします。内容はまだ公開できませんが、これから発表になる事業の橋渡しなどをしています。


弊社は関連する事業を行っているので協賛による効果が見え資金の捻出もできますが、まったくの他業種ですと考えてしまいますよね。

飲料系などはスポーツと結び付けられるのでイメージしやすいですよね。

広告を見せるターゲットは10~20台の若者です。

自社の業種がどのような効果が見込まれるかなど不安もあると思いますが、今はまだ「やらないとわからない」業界です。

期間や内容にもよりますが、年間20万円程度から協賛できるチームもありますし大会の協賛であれば1回数万円(商品などでも可能) です。

1社ではなく商店街や合同での出資もありだと思います。

地元の無名チームがあっという間に有名チームになるチャンスがeスポーツにはあります。



社内の特に若い世代には興味が出ますし、何よりそのチームを応援したくなります。

試合で勝ってくれるとやっぱり嬉しいですよ!



どうやって見つければよいの?

こちらのノートにも纏められています。

【2021年度】eスポーツチーム一覧|84チーム(素晴らしい)

アプローチや交渉など、難しいですよね。

弊社にご相談いただければ、アドバイスもできると思います。お気軽にどうぞ。

その後の御社のeスポーツ事業へのプランなどもご一緒に考えられるとよいですね。




宣伝になってしまいますが、5月に弊社で「ESPORTS LAND CUP」という大会を(オンラインで)開催します。

第一回のダイジェスト動画はこちら


協賛企業様は大歓迎です!

試合の間や、MCによるPRタイムもございますので、お気軽にご連絡ください。


107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示