top of page

残暑の日々ですが、eスポーツの冬!? 夏があります‼

皆さんこんにちは、PCCS代表の望月伸彦です。

暑い日々が続いておりますが、皆様体調はいかがでしょうか。

56歳になりますが、年々厳しさが増しますね(笑)


そんな中、「eスポーツの冬」という言葉をよく聞くようになりました。

コロナが明け外への活動が多くなってきており、eスポーツの団体やイベントなどにスポンサードしていた企業が、他に向いてきているのが原因に一つだと思います。

今のやり方では、eスポーツはROI(いくら費用を投資して、どのくらい利益があったのか)が低いという評価でしょうか。。。


チームのプロプレイヤーの給与も、他のスポーツと比べ興業収益が少ないのでバランスが難しいですよね。

イベントの集客も、出演者によるものでは採算は難しいことが多くコンテンツの内容による部分が多いようです。


収益化できる構造。例えばスポンサーに対するメリットや放送の権利などを変えていく。

プロプレイヤーの地位向上のために、品位や人格も含めて憧れられる存在にしたいですね。


この点でも、PCCSで何ができるだろうか。少しずつ動いています。

楽しくないとですね!



一方で、気軽にプレーを開始できるeスポーツ。こちらは夏です!

eスポーツ施設では、たくさんの出会いがあり同じゲームをする仲間を見つけることができます。その場で分かち合える共感もあります。


各店舗盛り上がってます!コミュニティも出来ています。満員の店舗も多く見かけますね!

ここにeスポーツの熱い夏があります!(中は冷房が効いてどこも快適です)


この夏も、

北海道札幌市の CAFE Hatiware&、NAEBO eSPORTS STATION


東京・蒲田の hangout eスポーツエリア 24


千葉県柏市の ゲームセンターB-1


愛媛県松山市の 河原学園「KAWAHARA e-Sports Stadium」


など、熱い施設ができています!


こちらでも各施設を紹介していきます!!


更にこれから格ゲーもさらに盛り上がっていくでしょう!


まだまだ、熱いeスポーツの夏は続きます!!


Comments


bottom of page