• 望月伸彦

配信の音声は難しい②

最終更新: 4月21日

こんにちは PCCS代表の望月伸彦です。

弊社が使っている配信用の音声機材について書いていきます。


音声の中心部となりますミキサーは、ZoomのLiveTrak L-8 デジタルミキサーを使っています。

マイク入力6系統とステレオLINE2入力。

USBオーディオIN/OUTがあります。

配信用PC(OBS利用)とUSBでつないで利用することにより、様々な使い方ができます。

基本的な操作に問題はないのですが、

欠点は、PostのSEND機能がない、ファンタム電源が個別ではないのが少し不便です。

専門的な使い方をしないのであれば、大体のことはできます。デジタルエフェクトも良い感じでかかります。

お勧めミキサー!



マイクですが、SYNCOを使っています。

あまり聞いたことないメーカーですよね。

私も知りませんでした。

ガンマイクが欲しくてSYNCO-MIC-D2を最初に買ったのがSYNCOの使い始めです。

価格を考えると指向性もよくビックリするほど良い音でした。

メーカーを信用してSYNCO-E10を試しに購入すると、「これは使える!」

20センチくらい離れても音をよく拾いますし(単一指向性)、音質も癖がありません。

実況やナレーションに向いていると思います。

価格もお手頃!


ヘッドホンはOneOdio pro-30


これも無名ですよね(笑)

色々聞き比べましたけど好みの音です。Flatに近く良い感じ!

私はこれで十分にミキシングできます。


この辺りは、価格がすべてではないと感じるアイテム群です。

良い時代になりました。


機器を選ぶのって難しいですよね。

自分の耳を信じたいのですが、試す機会もなかなか無いので参考にしていただければと思います。


上記の機材を使っての配信は、こちら

https://youtu.be/u0Gexix-0L8?t=2506 

(事務所での配信で空調音が入っているのはご容赦ください。あと、1試合目のゲーム音声が。。。(笑))


配信に関する事も、お気軽にご相談ください。


39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示