top of page

神奈川工科大学 KAITTOWN棟にeスポーツ設備をご導入いただきました。

おはようございます!営業部の小倉です。 3月は神奈川県厚木市にある、神奈川工科大学様に設備の導入をしていただきました。



KAITTOWN棟は延床面積1225平方メートルの地上2階建ての施設です。

・eスポーツセンター

・eスポーツ・市民ホール

・市民・学生コミュニティ室

・コレクション展示室 他

このような施設を備えて、地域との繋がりを強化するというコンセプトで建設されました。



・回線、ネットワーク

・ゲーミングPC、周辺機器

・ゲーミングデスク、チェア

・学生入退場管理システム(LeTiMaⅡ)

・ゲーム自動アップデートシステム(G-Ma)

・大型LEDビジョン

・映像、音響配信設備

・ステージ、演出照明


各部屋の機材の選定や配置のご提案から始まり、

何度も打ち合わせを重ねさせて頂き、適切な構成と機材をご導入させていただきました。



神奈川工科大学の学生方が安全・安心・快適にご利用いただけるようにしております。

PCは最新型のGALLERIAを導入しております。

第14世代のCorei7、4070Tiと32GBのメモリを、高速ネットワークカード搭載で殆どのゲームが快適に動作しつつ、同時に配信を行っても問題ない構成です。

接続している機器は280HzのモニターでPCの性能を最大限に引き出しつつ、耐久性のある周辺機器を選定させていただきました。

ゲームをプレイする際には個人のアカウント情報を使用しますので、利用後は個人情報を全て自動で削除、認証された学生以外はPCを操作できないようにロックする機能も導入しております。

ゲームは20タイトル以上インストールしていますが、毎日自動でアップデートされるようなシステムも導入済みですので、管理の手間は最小限に、イベント企画やプレイに集中していただけるようになっております。


ゲーミングデスクは今人気のFPSタイトルをプレイする際に必要となるマウスの可動域を広くするために、横幅1100mm、奥行き750mmのデスクを選定させていただきました。

ゲーミングチェアは長時間座っていても疲れにくい、関家具のコンティ―クスチェアを採用。多数のeスポーツ施設にも導入させていただいており、実績のあるチェアとなります。


配信設備は、1Fと2Fで同時に使用が出来るような構成としております。

2Fのメインスイッチャーには将来学生の皆様が配信技術を活かすことが出来るように、

実際の現場でも良く使用されているBlackMagicDesignのATEM2 M/Eを採用させていただきました。


eスポーツトレーニングルームの数台のゲーム映像を取り込んで、市民ホールに送ったり、

配信ルームで実況をしながらWEBに配信したりなど、様々な使い方が出来るようになっております。



1Fのメインの配信ルームにはデジタルミキサーを導入させていただいております。

これにより遠隔で音響の調整をしたり、シーン毎に設定を記録したりすることが可能です。

様々な利用方法が想定されるKAITTOWN棟ですので、省スペースでも、拡張性が高い構成をご提案させていただきました。


今回の施設を最大限ご活用いただけるように、代表の望月と技術部の宮本、私の3人で学生の皆様にレクチャーをさせて頂いております!


レクチャーが終わった後も数時間は、実際に機材を触りながら、今後の活用方法を熱心にミーティングされており、学生の皆様の熱意を感じました!弊社としても設備の活用を最大限サポートさせていただき、活気のある施設にするお手伝いをさせていただきます!


Comments


bottom of page